6月の量販店販売動向 衣料品・住関品不調で全体マイナスも、アイスクリーム好調(日本チェーンストア協会)

日本チェーンストア協会が発表した6月の量販店販売動向は、食料品は農産品が中旬以降の相場高の影響もあり堅調に推移したが、衣料品、住関品は、季節商品を中心に後半動きが鈍くなったこともあり、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はマイナスとなった。

このコンテンツはアクセス制限されています。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザーの方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する