8月の量販店販売動向 残暑厳しくアイスクリーム好調も、秋物等の動き鈍く全体ではマイナス(日本チェーンストア協会)

日本チェーンストア協会が発表した8月の量販店販売動向は、食料品、衣料品、住関品ともに季節商品を中心に堅調に推移したが、後半衣料品は残暑が厳しかったこともあり秋物商材の動きが鈍く、また台風などの天候要因などもあり、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はマイナスとなった。

このコンテンツはアクセス制限されています。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザーの方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する