Category Archives: 販売動向

赤城乳業2019年(1月~12月)決算動向 13年連続の増収逸すも、天候不順の7月を補い前年並みで着地

 

 

 

 

 

アイスクリーム業界1月中盤までの販売動向 全国的な暖冬傾向に後押しされ順調に推移

明治12月販売状況 「エッセル」レギュラーシリーズ、マルチとも順調に推移

赤城乳業12月販売状況 「ガリガリ君」を中心に各商品が堅調な推移

イオン第3四半期連結決算 営業収益6兆 3870 億500万円(対前年同期比 0.8%増)、実質営業収益・営業利益は過去最高

イオンの2020年2月期第3四半期連結決算は、営業収益が6兆 3870 億500万円(対前年同期比 0.8%増)、営業利益は 1030 億 8100万円(同 5.4%減)、経常利益は 933 億 7300万円(同 15.3%減)となり、親会社株主に帰属する四半期純損失は、63 億 4300万円(前年同期より 69 億 7300万円の減益)となった。これは連結子会社のイオンディライトの子会社であるカジタクで判明した過年度の不正会計処理及び誤謬の修正額を、第1四半期連結会計期間に一括計上したことが主たる要因で、その影響を除いた場合の当 期間の営業利益並びに親会社株主に帰属する四半期純利益は増益となり、営業収益、 営業利益は過去最高となる。

セブン&アイ・ホールディングス 第 3四半期連結決算 減収も営業利益・経常利益・四半期純利益は過去高益を達成

セブン&アイ・ホールディングスの2020年2月期第 3四半期連結決算は、営業収益4兆 9755億 3300万円(前年同期比1.9%減)、営業利益3190億 8500万円(前年同期比 4.9%増)、経常利益は3149億 8800万円(同 5.0%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は1699億 6800万円(同 13.3%増)で、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益は、第 3 四半期連結累計期間としてそれぞれ過去高益を達成した。

ローソン第3四半期決算 、営業総収入5509億100万円(前年同期比4.4%増)で増収増益

ローソンの2020年2月期第3四半期決算は、営業総収入5509億100万円(前年同期比4.4%増)、営業利益521億2200万円(同9.0%増)、経常利益486億6300万円(同4.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益259億5300万円(同2.5%増)の増収増益となった。

ファミリーマート2020年2月期第3四半期決算 営業収益3902億9100万円(前年同期比 17.1%減)、具体的な加盟店支援を順次実施

ファミリーマートの2020年2月期第3四半期決算は、営業収益3902億9100万円(前年同期比 17.1%減)、事業利益は637億4000万円(同32.2%増)、税引前四半期利益は526億4900万円(同 41.0%増)、四半期利益は490億100万円(同26.6%減)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は460億1200万円(同18.5%減)、四半期包括利益合計額は486億8300万円(同23.5%減)。

ミニストップ第3四半期決算 不採算店舗を中心に構造改革を進め、個店の競争力向上に投資

ミニストップの2020年2月期第3四半期決算は、営業総収入1479億9900万円(前年同期比93.2%)、営業損失25億9000万円(前年同期実績:営業利益10億5100万円)、経常損失20億3100万円(前年同期実績:経常利益18億6800万円)、閉店等に係る特別損失として26億2400万円、法人税等調整額をマイナス13億400万円計上した結果、親会社株主に帰属する四半期純損失32億1300万円(前年同期実績:親会社株主に帰属する四半期純利益14億2900万円)となった。国内および海外のエリアフランチャイジーを含めた当期間末店舗数は5317店舗。

クラシエフーズ2019年(1月~12月)決算動向 「ヨーロピアンシュガーコーン」の安定した販売とノベルティの拡大で前年実績クリア




ハーゲンダッツジャパン12月販売状況 アソートボックス(マルチ)が前月新発売導入の反動でマイナス

森永製菓12月の販売状況 “冬限定”「バニラモナカジャンボ」が倍増で全体も大幅増

協同乳業12月販売状況 「パティレ」シリーズ、OPノベルティなどが大幅増

アイスクリーム業界の12月販売状況 終盤に追い上げ順調に推移し、8月以降5カ月連続で前年実績クリア!

ロッテ 12月販売状況 「雪見だいふくハートのいちご」が絶好調、全体も拡販

江崎グリコ12月販売状況 大人シリーズ好調で「アイスの実」は倍増

森永乳業 12月販売状況 「パルム」「モウ」ディズニーウィンターパッケージ発売で順調

井村屋 12月販売状況 「あずきバー」シリーズは堅調な推移も、「やわもち」シリーズマイナス(井村屋)

フタバ食品 12月販売状況 主軸の「サクレ」「ダンディー」大幅増で推移

クラシエフーズ 12月販売状況 「ヨーロピアンシュガーコーン」シリーズが大幅増で全体も拡販

外食産業の11月販売動向 好調を続けるFF業態は客数・売上の増加が顕著で全体も拡大(日本フードサービス協会)

アイスクリーム業界12月終盤の販売状況と着地見込み 回復傾向続くが年末商戦の拡販がカギに!

11月の量販店販売動向 気温が高めで推移し総販売額はマイナス、アイスクリームも不振

11月のCVS販売状況 キャッシュレス還元等の効果で客単価が伸び全体も拡販(日本フランチャイズチェーン協会)

12月中旬(12月17日)までの販売状況 回復傾向にはあるものの前年実績は下回る推移

ローソン 11月販売実績 デザートカテゴリー等好調で全店売上は102.3%

ファミリーマート11月販売実績 既存店売上拡大、「ファミペイ」400万ダウンロードを達成

ミニストップ11月販売実績 店内加工ファストフードのヒット商品が牽引し既存店・全店とも拡大

オハヨー乳業11月販売状況 「ブリュレ」が前年導入期でマイナスも、主軸マルチやコーン製品堅調(オハヨー乳業)

協同乳業11月販売状況 新シリーズ「Patire(パティレ)」好調も、OPノベルティがマイナス幅大きく