Category Archives: 販売動向

ローソン11月度実績 前年並みを維持、アイスクリームは、季節限定商品や高級アイスの販売が好調

ファミリーマート11月販売実績 前年実績並みで推移、ブランド転換店舗数3000店を突破

ミニストップ11月の販売実績 FF部門下回るも、CVS部門順調で前年実績維持

フタバ食品 第71期決算 売上高173億4000万円(前年1.7%増)で増収増益に

アイスクリームは「サクレシリーズ」2桁増で100億円を突破

フタバ食品では第71期(平成28年9月1日~平成29年8月31日)の決算概要を発表、売上高は173億4000万円(前年1.7%増)、経常利益3億600万円(同148%増)、当期利益は5000万円(同40%増)で、増収増益の決算となった。部門別売上高はアイスクリームが103億3000万円(同105%)と拡大し、100億円の大台を突破し、饅頭・冷食は40億5000万円(同99.6%)と前年並みをキープした。

明治11月販売状況 「エッセルスーパーカップSweet’s 苺ショートケーキ」が順調な動き

赤城乳業11月販売実績 「MILCREA(ミルクレア)」「パフェ」シリーズなど大型商品拡大

井村屋11月販売状況 「やわもち」シリーズ“安納芋カップ”の新発売で大幅増

オハヨー乳業 11月販売状況 「BRULEE(ブリュレ)」は継続好調、「生チョコモナカ」も倍増に

フタバ食品11月販売状況 「ダンディー」「香るcafé」などリニューアル商品好調で拡大

協同乳業11月販売状況 「モン・パティシエ」や新商品群好調で市販商品は2桁増

クラシエフーズ11月販売状況 「ヨーロピアンシュガーコーン」順調、「soy」は健康志向の売場の増加で大幅増

アイスクリーム業界の11月販売状況 3か月連続のマイナス成長にようやく歯止め!安定した天候で前年実績を維持

ロッテアイスの11月の販売状況 「モナ王」「ガーナ」拡大、「スイーツスクエア」売り場作りで大幅増

江崎グリコ11月販売状況 主軸商品はいずれも順調な推移、広域CVSの商品展開分がマイナス

森永乳業11月の販売状況 「モウ」「チェリオ」など新製品が好調に推移し拡大

ハーゲンダッツジャパン11月販売状況 前年に大型商品投入でマイナスも、基幹商品は堅調

森永製菓 11月販売状況 「チョコモナカジャンボ」がテレビCM効果、店頭での露出増により大幅増

10 月の量販店販売動向 天候不順で売上高はマイナス、アイスクリームも苦戦

外食産業の10月販売動向 悪天候で客数減少も、客単価アップで前年上回る(日本フードサービス協会)

11月22日までの販売動向 概ね安定した動きで、3か月続きのマイナスからようやく回復か

10月のCVS販売状況 2度の台風の上陸や秋雨前線の長雨で客数に大きく影響

森永乳業 平成30年度第2四半期決算 売上高3167億6100万円の(前年同期比0.3%増)、過去最高益を更新する増益

アイスクリームは352億4500万円(同4.3%増)と好調に推移

森永乳業では平成30年度3月期第2四半期決算を11月10日に発表、連結の売上高は3167億6100万円の(前年同期比0.3%増)、営業利益は168億7500万円(前年比8.0%増)、経常利益は178億8800万円(前年比11.1%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は137億8800万円(前年比37.1%増)の増収、過去最高益を更新する増益となった。

江崎グリコ 平成30年第2四半期連結決算 売上高は1876億400万円(前年同期比0.7%増) 営業利益は積極的な販売促進で減益

アイスクリームは569億1600万円(前年3.6%減)、連結子会社である問屋の得意先帳合変更でマイナス

江崎グリコでは平成30年度3月期第2四半期連結決算を10月31日に発表、連結売上高は1876億400万円(前年同期比0.7%増)、営業利益は155億300万円(同5.6%減)、経常利益は166億6400万円(同2.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は113億5400万円(1.7%減)となった。

森永製菓 平成30年度第2四半期決算 食料品製造事業が好調に推移し売上高1060億5700万円(前年同期比7.1%増)の増収増益

冷菓部門は「ジャンボモナカシリーズ」など好調で238億1600万円(同6.2%増)

森永製菓では平成20年度3月期第2四半期決算を11月9日に発表、売上高は1060億5700万円(前年同期比7.1%増)、営業利益は122億5800万円(同9.3%増)、経常利益126億6900万円(同9.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益86億5800(10.6%増)の増収、増益となった。

フタバ食品10月販売状況 天候不順と前年実高くマイナスも、新製品順調

ローソン10月販売実績 天候不順の影響を大きく受け既存店前年比は96%

ファミリーマート10月販売実績 台風や秋雨前線による影響を受け客足が鈍化し、既存店はマイナス

ミニストップの10月の実績 悪天候の影響を受け、米飯類や飲料類、コールドスイーツの販売が不調に

明治ホールディングス平成30年第2四半期決算 売上高6114億9400万(前年同期比0.8%増)、経常利益461億1600万円(同27.8%増)の増収大幅増益

アイスクリームは4月からの取引制度変更と夏場の天候不順の影響で265億円(同12.1%減)

明治ホールディングスでは平成30年3月期第2四半期決算を11月8日に発表、連結の売上高は6114億9400万(前年同期比0.8%増)、営業利益451億2700万円(同20.9%増)、経常利益461億1600万円(同27.8%増)、親会社株主に帰属する四半期純利314億3300万円(同29.2%増)の増収、大幅増益となった。

井村屋グループ平成30年第2四半期決算 売上高216 億8400万円(前年同期比8.5%増)で売上高、各利益とも過去最高の業績に

冷菓事業は前年8.4%増、「あずきバー」の売上本数2億3200万本と、上期の過去最高の売上本数達成

井村屋グループの平成30年3月期第2四半期決算は、連結売上高216 億8400万円(前年同期比8.5%増)、営業利益9億4700万円(同28.0%増)、経常利益は10億700万円(同45.8%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は8億5800万円(同93.5%増)と増収、大幅増益で第2四半期連結累計期間においては売上高、各利益とも過去最高の業績となった。