アイスクリーム業界2021年度上半期販売状況① 3160億円(前年比99%)で前年からは40億円のマイナスも大健闘

アイスクリーム業界の2021年度上半期(2021年4月~9月)販売実績は3160億円(前年比99%)で、前年の3200億円からは40億円のマイナスとなるが、昨年が過去最高値を更新していたことを考えれば、新型コロナウイルスの感染が収まらない中での大健闘の数値といえる。

“アイスクリーム業界2021年度上半期販売状況① 3160億円(前年比99%)で前年からは40億円のマイナスも大健闘” の続きを読む

イオン第2四半期決算 売上高はコロナ前を上回り過去最高、収益も大幅増で黒字転換

イオンの2022年度第2四半期決算は、営業収益4兆3449億 1900万円(前期比 1.7%増)、営業利益777億 6500万円(同129.4%増)、経常利益779億 3100万円(同 178.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は 45 億 8800万円(前年同期より 621 億 4500万円の増益)で、営業収益が新型コロナウイルス感染症拡大前の 2020年第2四半期を上回り過去最高を更新、営業利益・経常利益とも大幅増となり黒字へ転換した。

“イオン第2四半期決算 売上高はコロナ前を上回り過去最高、収益も大幅増で黒字転換” の続きを読む

セブン&アイHD第2四半期決算 北米CVS事業拡大とコロナ自粛反動で大幅な収益増

セブン&アイ・ホールディングス2022年第2四半期決算は、営業収益3兆6464億 4900万円(前年同期比30.8%増)、営業利益1861億7000万円(同3.6%増)、経常利益1734億5000万円(同1.0%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は 1065億円(同46.9%増)となった。新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況ながら感染拡大の防止策を講じ、ワクチン接種を促進する中で、各種政策の実施や海外経済の改善もあり、持ち直しの動きが続くことが期待される。

“セブン&アイHD第2四半期決算 北米CVS事業拡大とコロナ自粛反動で大幅な収益増” の続きを読む

ローソン第2四半期決算 コロナウイルス対策とニューノーマルにおける需要への対応推進し増収増益

ローソンの2022年第2四半期決算は、営業総収入3487億6800万円(前年同期比8.0%増)、営業利益267億600万円(同60.0%増)、経常利益278億3000万円(同87.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益174億500万円(同426.2%増)の増収増益となった。

“ローソン第2四半期決算 コロナウイルス対策とニューノーマルにおける需要への対応推進し増収増益” の続きを読む

ミニストップ第2四半期決算 売上高・収益ともに改善、中国・青島ミニストップは解散

ミニストップの2022年第2四半期決算は、営業総収入952億5900万円(前年同期比3.7%増)、営業損失15億8800万円(同営業損失27億500万円)、経常損失14億5800万円(同経常損失23億7200万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失29億5200万円(同親会社株主に帰属する四半期純損失26億5500万円)となった。

“ミニストップ第2四半期決算 売上高・収益ともに改善、中国・青島ミニストップは解散” の続きを読む