日本アクセス 2020年3月期決算 連結売上高は2兆1543億9200万円(前年1.1%増)で増収増益、経常利益率1%を確保

決算発表を行う佐々木淳一社長

日本アクセスでは2020年3月期(第68期)の決算を発表、連結売上高は2兆1543億9200万円(前年1.1%増)、営業利益は207億9400万円(同8.5%増)、経常利益は213億5500万円(同8.9%増)、親会社に帰属する当期純利益は140億9900万円(同14.7%増)となり、経常利益率が0.1%上昇し全体の1%を確保した。

“日本アクセス 2020年3月期決算 連結売上高は2兆1543億9200万円(前年1.1%増)で増収増益、経常利益率1%を確保” の続きを読む

明治HD 2020年3月期決算 営業利益・経常利益とも過去最高を更新、どちらも初の1000億円台に到達

明治HDでは2020年3月期決算を発表、売上高は 1兆2527億600万円(前期比0.1%減)、営業利益は1027億800万円(同4.4%増)、経常利益は 1033億2400万円(同3.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は 673億1300万円(同8.8%増)となり、営業利益・経常利益とも過去最高を更新、どちらも初の1000億円台に到達した。食品の販売実績は1兆495億円(同0.7%減)、営業利益が873億円(同3.0%増)、医薬品が2043億円(同2.9%増)、営業利益が159億円(同12.2%増)となった。

“明治HD 2020年3月期決算 営業利益・経常利益とも過去最高を更新、どちらも初の1000億円台に到達” の続きを読む

2019年度アイスクリーム業界販売実績 厳しい環境下で価格改定効果が成果を上げ4940億円(前年98.6%)で着地

アイスクリーム業界の2019年販売状況は、前年98.6%での着地、金額では4940億円となった。昨年は、シーズンスタートの4月の低温、7月には過去最大級の落ち込みを記録する異常気象、年度末にきての新型コロナウイルス蔓延と、決して順調なものではなかったが、全体としては価格改定効果が大きく成果を上げた1年といえる。ただし価格改定分の上積みを換算すると、物量では前年95%を下回る結果であった。

“2019年度アイスクリーム業界販売実績 厳しい環境下で価格改定効果が成果を上げ4940億円(前年98.6%)で着地” の続きを読む

森永製菓 2020年3月期決算 売上高2088億7800万円(前年同期比1.7%増)で増収増益

森永製菓では2020年3月期決算を発表、売上高は2088億7800万円(前年同期比1.7%増)、営業利益は212億3000円(同5.0%増)、経常利益は219億5000万円(同5.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は108億2400万円(15.5%減)の増収増益となった。

“森永製菓 2020年3月期決算 売上高2088億7800万円(前年同期比1.7%増)で増収増益” の続きを読む

森永乳業 2020年度3月期決算 売上高5908億9200万円(前年比1.3%増)、営業利益・経常利益は過去最高を更新

森永乳業では2020年度3月期決算を発表、連結売上高5908億9200万円(前年比1.3%増)、営業利益は253億5900万円(同13.6%増)、経常利益は258億6700万円(同11.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は186億5600万円(同33.1%増)で、営業利益・経常利益は過去最高を更新した。森永乳業単体の売上高は4262億7600万円(前年同期比0.9%減)、アイスクリーム部門は510億1900万円(同1.8%減)となった。

“森永乳業 2020年度3月期決算 売上高5908億9200万円(前年比1.3%増)、営業利益・経常利益は過去最高を更新” の続きを読む

量販店のGW売り場検証!コロナ禍での販売と価格設定はいかに!?(その①ナショナルチェーン)

日本中を席巻する新型コロナウイルス。4月販売状況は、拡大する新型コロナウイルスの影響も大きく前年95%と、期待値を大きく下回る厳しい状況での着地となった。続くゴールデンウイークも、「Stay Home週間」と位置づけられ、例年のような人の移動はまったくみられず、まさに地元での買い物が唯一の楽しみというような形となった。当サイトでは、GW期間の量販店の販売動向と販売価格調査を、ナショナルチェーンからディスカウントストアまで合計14社で行った。

“量販店のGW売り場検証!コロナ禍での販売と価格設定はいかに!?(その①ナショナルチェーン)” の続きを読む