Category Archives: レポート

乳業団体合同賀詞交歓会 革新的で我国ならではの付加価値の高い新製品の開発推進

 

 

 

 

 

 

日本乳業協会、日本アイスクリーム協会、Jミルクなど乳業13団体の合同賀詞交歓会が1月9日、東京・九段のホテルグランドパレスで開催された。交歓会は始めに各団体長が紹介され、代表して日本乳業協会・西尾啓治会長があいさつ(別掲)、続いて厚生労働省・医薬・生活衛生局生活衛生・浅沼一成食品安全審議官、農林水産省・渡邊毅畜産部長、消費者庁・小林渉審議官が挨拶を行い、Jミルク・川村和夫会長による恒例の牛乳による乾杯で新年の交歓に移った。

年末年始の天気予報 太平洋側は晴れる日が多いが、日本海側は局地的に大雪の恐れ(日本気象協会)

「2019年“アイスな瞬間”投稿キャンペーン」昨年の3倍となる2,764件の応募(日本アイスクリーム協会)

2019年アイスクリーム業界重大ニュース①

2019年度も残すところあと少しとなった。本年度は、平成から令和に年号が変わるとともに、10月には消費税増税、来年の東京オリンピックの試金石となるラグビーワールドカップの開催、また全国で猛威を振るった台風被害など、多くのエポックメイキングな出来事が続いた。

アイスクリーム業界ではメーカーによる価格改定が実施されたのにかかわらず、7月の天候不順で上半期は前年96.5%とマイナス、過去6年間のアイスクリーム成長神話に赤信号が灯った。また、ドラッグストアの急速な拡大や、CVSのビジネスモデル見直し、変わらない物流費・人件費・原材料高騰などなど、様々な問題が新年度に先送りとなる。今回、2019年度の「アイスクリーム業界重大ニュース」をまとめた。

2019年アイスクリーム業界重大ニュース②

12月6日の「音の日」にあわせ、流行のASMRでも注目されている“食事の音”の調査を実施(オハヨー乳業)

より適正な表示に向けて「アイスクリーム類及び氷菓表示自主検査会」開催(アイスクリーム類及び氷菓公正取引協議会関東支部・東北支部)



台風第 15 号および第 19 号により被災地支援に2千万円と、被害を受けた酪農家支援に1千万円寄付(森永乳業)

台風第15号及び第19号による被災地支援に向け1千万円を日本赤十字社に寄贈(森永製菓)

速報! 世界洋菓子コンクールinミラノ・日本チームが見事優勝!

 

 

 

 

 

優勝の日本チームと作品

イタリア・ミラノで開催されている食品展示会host milano 。その中で行われた世界洋菓子コンクールミラノ(FIPGC・10月23日決勝)で、日本チームが見事優勝した。このコンクールは、ジェラート・チョコレート・菓子の3部門からなり、各国の代表チームが総合力で優勝を競うもの。このコンクールにはアジア唯一のジェラート大使である・柴野大造氏が、タイ国チームの監督および審査員として参加しており、柴野氏の解説で紹介する。

10月10日「やわもちアイスの日」にアイスアイドル「やわもちず」がイベント開催(井村屋)



速報!「アルチザンジェラート・シャーベットフェスティバル」で柴野幸介さん(石川県野々市市・マルガージェラート)総合2位入賞!

 

 

 

 

 

 

 

イタリア南部の都市・レッジョカラブリで行われていた「アルチザンジェラート・シャーベットフェスティバル(Scirubetta-Festival del Gelato Artigianale)」で、日本から参加した柴野幸介さん(石川県野々市市・マルガージェラート)が総合2位に輝いた。

8月20日までの業界販売状況 猛暑の後押しで氷菓系商品拡大もメーカー間の格差大きい

【10代20代】アイスに関する調査レポート 購入する頻度が最も多いアイスの価格帯は「100〜150円未満」(テスティー)

関東・東北南部も梅雨明け!アイスクリーム業界が待ち望んだ「夏本番」で猛暑続く!!

 

「ホワイト物流」推進運動に賛同し、国土交通省へ自主行動宣言を提出(日本アクセス)

酒税法及び酒類行政関係法令等解釈改正で、アイスクリーム類はアルコールが1%を超えても飲料と見做されないことに(国税庁)

7月6日~12日の天気予報 梅雨前線の停滞で全国的にグズついた天気に(日本気象協会)

G20サミットでプレミアム生クリームソフト「CREMIA(クレミア)」提供し、世界のメディア関係者から賞賛(日世)

7月の天気予報 中盤までは曇天多いものの平年並みの推移か

家計調査 2018年のアイスクリーム支出金額は9,670円、106.9%、金額で623円の大幅な増加(日本アイスクリーム協会)

2018年度の総務省統計局の家計調査(二人以上の世帯)によると、2018年のアイスクリーム支出金額は9,670円と、9000円台での支出となった。これは前年比106.9%、金額で623円の大幅な増加で、昨年の最盛期が猛暑でアイスクリームの購入が増加したことを裏付ける結果となった。また、食料費支出金額は952,170円で前年比100.6%と5,732円増加し、食料費に占めるアイスクリーム支出の割合は1.02%と初めて1.0%を超えた。

2018家計調査②品目別支出金額 アイスクリームを含む菓子類好調

2018家計調査③ 都市別支出金額 トップは浜松市の1万1,493円

「2019年度東京・大阪衛生講習会および各種セミナー」開催(日本ジェラート協会)



食品クチコミサイト「もぐナビ」 「ベストフードアワード2019 上半期新作ベストフード」大賞に森永製菓「フローズンキャラメル」



2018年度の市場規模は、メーカー出荷ベースで5186億円(前年比101.4%)



日本アイスクリーム協会が発表した2018年度の市場規模は、メーカー出荷ベースで5186億円(前年比101.4%)となった。前年実績(5114億円)からは72億円を上乗せし、この結果、2012年から7年連続の市場拡大となった。

2018年度の種類別販売実績 猛暑の影響大きくラクトアイス・氷菓が伸長

2018年形態別販売実績 「紙カップ」などの主要分野は堅調な推移、「モナカ」は2桁増で6年連続の拡販

フローズンフルーツバー 「PALETAS(パレタス)」海外初出店(ロート製薬)



日本アイスクリーム協会「第8回定時総会」開催 アイスクリームの衛生・品質の向上を最重要課題に、アイスクリームのおいしさ・楽しさを広くPR



一般社団法人日本アイスクリーム協会では、「第8回定時総会」を6月4日、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモンドで開催、新年度の事業方針として“アイスクリームの衛生・品質の向上を最重要課題に取り組むとともに、公正取引協議会と協働して表示の適正化を推進するほか、消費拡大面ではアイスクリームのおいしさ・楽しさを広く一般にPR、需要の拡大を図ることを使命として事業を推進する”ことを決議した。