2019年度の市場規模:メーカー出荷ベースで5151億円(前年比99.3%)、下期の拡販が上期をカバー(日本アイスクリーム協会)

日本アイスクリーム協会が発表した2019年度の市場規模は、メーカー出荷ベースで5151億円(前年比99.3%)となった。前年実績(5186億円)からは35億円のマイナスとなり、この結果、2012年からの連続市場拡大はいったん途切れたものの、昨年7月のマイナスを考えると下期の増加を含め、検討した1年であった。

“2019年度の市場規模:メーカー出荷ベースで5151億円(前年比99.3%)、下期の拡販が上期をカバー(日本アイスクリーム協会)” の続きを読む

夏はやっぱりアイス!「with コロナ」でカロリーや糖質などを抑えた“ギルトフリースイーツ”市場拡大(明治)

明治では、新型コロナウイルスの影響で、コロナ太りを実感している方が多い中、同社が実施した「おうち時間とスイーツに関する調査」をもとに、“健康に配慮したアイス”についてまとめた。

“夏はやっぱりアイス!「with コロナ」でカロリーや糖質などを抑えた“ギルトフリースイーツ”市場拡大(明治)” の続きを読む

「アイスクリーム白書」 アイスクリームは不動のキング・オブ・スイーツ!「和」フレーバーも定着(日本アイスクリーム協会)

日本アイスクリーム協会では「アイスクリーム白書2019」を発表、【好きなスイーツ(お菓子)】の中で、1位に選択したものでは、「アイスクリーム」が45.3%でトップを続け、「アイスクリーム」は不動のキング・オブ・スイーツとして君臨した。また今回は新たに「和」のフレーバーへの嗜好、気温・季節との関係、今後のアイスクリームへの期待などを視点に加え、消費者にとってのアイスクリームの位置づけを明らかにしようと新たな設問にも取り組んだ。

“「アイスクリーム白書」 アイスクリームは不動のキング・オブ・スイーツ!「和」フレーバーも定着(日本アイスクリーム協会)” の続きを読む

「新型コロナウイルス感染症」上場企業の影響・対応動向調査結果を発表(帝国データバンク)

帝国データバンクでは、新型コロナウイルスに関連する影響や対応等について明らかとなった上場企業を対象に調査を行った。「従業員感染」が47社判明したほか「内需型企業」に影響波及の一方で、衛生用品の増産、働き方の変更など前向きな動きもみられた。

“「新型コロナウイルス感染症」上場企業の影響・対応動向調査結果を発表(帝国データバンク)” の続きを読む

日本アイスクリーム協会 「2019年度(第44回)アイスクリーム類製造業衛生功労者協会会長表彰式」開催

全国からアイスクリームの衛生品質の改善に貢献した19名が受賞

 

 

 

 

 

 

日本アイスクリーム協会では、「2019年度(第44回)アイスクリーム類製造業衛生功労者協会会長表彰式」を、東京飯田橋のホテルメトロポリタンエドモンドで1月17日に開催した。この衛生功労者表彰は①協会事業の推進並びに組織の強化②各企業の事業活動において生産・営業・物流等の改善③各企業の事業活動の中で商品の生産開発―を通じて、アイスクリームの衛生品質の改善に貢献した方々に贈られるもので、本年度は全国から全19名が受賞した。

“日本アイスクリーム協会 「2019年度(第44回)アイスクリーム類製造業衛生功労者協会会長表彰式」開催” の続きを読む

Coppa del Mondo 2020 (ジェラート・ワールド・カップ)日本第2位入賞!

 

 

 

 

 

ジェラート世界一を決めるコンテスト、コッパデルモンドデルジェラート(ジェラート・ワールド・カップ)が、2019年1月19日、イタリア文化旅行省大臣フランチェスキーニも出席し開幕、日本チームは過去最高となる2位を受賞した。現地より当社特派員・長谷川由美が速報で伝える。
“Coppa del Mondo 2020 (ジェラート・ワールド・カップ)日本第2位入賞!” の続きを読む

乳業団体合同賀詞交歓会 革新的で我国ならではの付加価値の高い新製品の開発推進

 

 

 

 

 

 

日本乳業協会、日本アイスクリーム協会、Jミルクなど乳業13団体の合同賀詞交歓会が1月9日、東京・九段のホテルグランドパレスで開催された。交歓会は始めに各団体長が紹介され、代表して日本乳業協会・西尾啓治会長があいさつ(別掲)、続いて厚生労働省・医薬・生活衛生局生活衛生・浅沼一成食品安全審議官、農林水産省・渡邊毅畜産部長、消費者庁・小林渉審議官が挨拶を行い、Jミルク・川村和夫会長による恒例の牛乳による乾杯で新年の交歓に移った。

“乳業団体合同賀詞交歓会 革新的で我国ならではの付加価値の高い新製品の開発推進” の続きを読む

2019年アイスクリーム業界重大ニュース①

2019年度も残すところあと少しとなった。本年度は、平成から令和に年号が変わるとともに、10月には消費税増税、来年の東京オリンピックの試金石となるラグビーワールドカップの開催、また全国で猛威を振るった台風被害など、多くのエポックメイキングな出来事が続いた。

アイスクリーム業界ではメーカーによる価格改定が実施されたのにかかわらず、7月の天候不順で上半期は前年96.5%とマイナス、過去6年間のアイスクリーム成長神話に赤信号が灯った。また、ドラッグストアの急速な拡大や、CVSのビジネスモデル見直し、変わらない物流費・人件費・原材料高騰などなど、様々な問題が新年度に先送りとなる。今回、2019年度の「アイスクリーム業界重大ニュース」をまとめた。

“2019年アイスクリーム業界重大ニュース①” の続きを読む