協同乳業 2022年秋冬新製品「フローズンヨーグルト」全面リニューアル、3本柱を中心に楽しみやおいしさを提供

協同乳業の2022年秋冬アイスクリームの新製品は、コロナ禍で増加する健康ニーズに向けた「フローズンヨーグルト」全面リニューアルによる活性・と導入強化を中心に、①本格デザート志向のパティシエブランド「パティレ」の市場開拓②10本入りでお得感の高い「ホームランバー」の訴求-を展開、同社3本柱を中心に、他社にはない楽しみやおいしさを提供する。

“協同乳業 2022年秋冬新製品「フローズンヨーグルト」全面リニューアル、3本柱を中心に楽しみやおいしさを提供” の続きを読む

確定!2021年度メーカー別販売実績 コロナ禍での販売も5000億円(実質前年比100.8%)で着地

アイスクリーム業界の2021年販売状況は、コロナ禍2年目にあって、実質前年比は100.8%と僅かながらも前年実績を上回ったが、本年度はロッテおよび森永製菓の大手2社が新会計方式を採用し、純売りベースでの発表を行うため、最終数値は約5000億円(前年99%)での着地となった。

“確定!2021年度メーカー別販売実績 コロナ禍での販売も5000億円(実質前年比100.8%)で着地” の続きを読む

井村屋グループ 2022年3月期決算 売上高421億5100万円で、売上・損益とも過去最高を更新

井村屋グループは2022年3月期決算を発表、連結売上高は421億5100万円、営業利益は17億400万円(前年同期比126.3%増)、経常利益は20億7500万円(同125.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は14億7300万円(同124.1%増)となった。当期間より「収益認識に関する会計基準」を適用、売上高は従来の計上方法と比較して33億1500万円減少も、従来の会計基準で比較すると前期より7.9%増加し過去最高売上げを達成、損益もすべてで過去最高益となった。

“井村屋グループ 2022年3月期決算 売上高421億5100万円で、売上・損益とも過去最高を更新” の続きを読む

「新中期経営計画2022-24」発表 4本の柱の拡大と、機能性素材・菌体の再飛躍、海外事業のポートフォリオ変革推進(森永乳業)

森永乳業では、大貫陽一社長による「新中期経営計画2022-24」発表のオンライン記者懇談会を開催、経営概況と今後のテーマについて説明、現中期経営計画の進捗状況については「売上高は新型コロナウイルス感染症の影響などもあり未達となりましたが、営業利益は概ね目標水準に近づくことができた」とし、新中計のポイントを「4本の柱の拡大と、機能性素材・菌体の再飛躍、海外事業のポートフォリオ変革を進める」とした。

“「新中期経営計画2022-24」発表 4本の柱の拡大と、機能性素材・菌体の再飛躍、海外事業のポートフォリオ変革推進(森永乳業)” の続きを読む