Monthly Archives: 2月 2019

赤城乳業2019年春夏アイスクリーム新製品 「Brand New Ice‐World」をテーマに幅広い客層と新規需要獲得を狙った品揃え



赤城乳業の2019年春夏アイスクリームの新製品は、「Brand New Ice‐World」をテーマに、①愛され続けるロングセラー商品②ブランド育成に向けた継続・強化③プレミアム・非日常感の演出④飽くなきチャレンジ精神‐をキーワードとして商品開発を推進。変わらぬおいしさと新しさを融合させた定番商品群、リピート型商品を目指してこだわりを強化した新製品、情緒的価値を提供する高価格シリーズ、アイス売場に話題を集めるチャレンジ商品など、幅広い客層と新規需要獲得を狙った品揃えを行った。

赤城乳業 2019年春夏新製品一覧 「ミルクレア」を全面リニューアル、「Sof(ソフ)」「パフェ」シリーズも強化

2月26日までの販売状況 温暖天候と価格改定前の仮需で大幅増!

森永乳業 宮原道夫社長 2019年度より新中計スタート、独自機能性素材であるビフィズス菌の価値を訴求

赤城乳業・井上大悟常務 営業・開発と生産のコンビネーション強化で赤城乳業の存在価値を提示

 

マーケティングは豊かで健康的な生活に貢献、販売は新価格の主力ブランド価値を伝える売り方で成長を目指す(江崎グリコ)

「執行役員・長尾信哉冷菓マーケティング部長」

「中菅利忠セールス本部第一セールス部長」


中島伸子氏を代表取締役社長、前山健氏を代表取締役副社長とする人事発表(井村屋グループ)

井村屋グループ・中島伸子新社長

井村屋グループ 4月1日付の機構改革と人事異動を発表

ほんのりと感じる塩味が甘味を引き立てるシリーズ初フレーバー「明治エッセルスーパーカップソルティバタークッキー」新発売(明治)

バナナピューレ入りバナナアイスをマイルドなチョコでコーティングした「DoleⓇ チョコバナナ」新発売(ロッテ)

 

先端のクリーミーホイップ入りがうれしい「アイスカフェ・オ・レ」発売(森永製菓)

ビタミンCを1000mg配合した「アイスボックス<サイダー>」新発売(森永製菓)

 

どこを食べてもラムネのシュワシュワ感が楽しめる「ラムネバー<ソーダ味&コーラ味>」新発売(森永製菓)

チョコを増量してチョコ感アップ!「ジャイアントコーン アソート<チョコナッツ><クッキー&チョコ><クッキー&クリーム>」新発売(江崎グリコ)

コーヒーを増量し、よりコク深いコーヒーの味わいが楽しめる「パピコ<チョココーヒー>」リニューアル発売(江崎グリコ)

春にぴったりの濃厚フルーツ「アイスの実 アソート<ぶどう><もも><メロン>」新発売(江崎グリコ)

それぞれの特徴に合わせて素材由来のおいしさを強化した「牧場しぼり<クリーミーバニラ><芳醇ラムレーズン><つぶつぶいちご>」新発売(江崎グリコ)

爽やかな酸味と甘みが楽しめる「バレンシアオレンジ」登場!春のパナップアソート新発売(江崎グリコ)

アルフォンソマンゴー果汁・果肉のみを使用した「甘熟果実のマンゴー」新発売(クラシエフーズ)

ピスタチオの味わいを手軽に楽しめる贅沢アイス「ピスタチオ アイスバー」新発売(クラシエフーズ)

チョコパイの中にとろける生チョコを挟んだ「くちどけにこだわったチョコパイアイス」新発売(ファミリーマート)

 

“バニラ味”と“いちご味”の「ホームランバーアソート」新発売(ファミリーマート)

江崎グリコ2019年春夏アイスクリーム新商品 主力ノベルティ5品のブランド価値強化で価格改定に見合う価値アップ

 

 

 

 

江崎グリコの2019年春夏アイスクリームの新商品は、「LIFE CREATION~生活に向けた新需要創出・習慣化の販促で市場拡大に貢献!~」をテーマに、①主軸ブランドの価値拡大②健康価値の訴求③ショッパー(買い物客)提案強化④継続的な消費者とのコミュニケーション―を柱とした品揃えとプロモーションを実施する。

江崎グリコ 2019年春夏新製品一覧 健康価値訴求商品を大幅に強化!

丸永製菓2018年決算動向 100億2000万円(前年比95%)で着地、160円「白くまデザート」の定着で「白くま」シリーズ伸長も、留型・OEM部門マイナス

 

 

 

 

 

丸永製菓の2018年販売実績(1月決算)は、100億2000万円(前年比95%)と、マイナスながら100億円の大台をキープ。昨年度は、160円「白くまデザート」の定着でワンランク上のステージに上った「白くま」シリーズの伸長、第3の柱に育成する“御餅”シリーズが順調に拡大した一方で、価格改定した主軸の「あいすまんじゅうマルチ」のマイナス、留型・OEM商品の生産減が響いた形となった。

ハーゲンダッツジャパン・栗原信裕社長 2019年の販売目標は過去最高となる533億円(前年106%)、グリーンティーをバニラに並ぶフレーバーに育成

ハーゲンダッツジャパンでは専門誌に向けた2018年度の事業実績と、新年度の事業計画を発表、席上・栗原信裕社長は2018年度の販売実績を前年比95%、売上高501億円と発表し、「基幹商品戦略がうまく機能せず前年並みに止まったこと」ほかをマイナス要因とした。2019年の販売目標は過去最高となる533億円(前年106%)で、中核となる施策として「年間を通じてグリーンティーの販促を継続し、中期的にもバニラに並ぶ大きなフレーバーに育成していく」とした。

B‐Rサーティワンアイスクリーム2018年12月期決算 積極的なマーケティング投資とコラボキャンペーンで売上高200億8600万円(前期比1.5%増)

 

B‐Rサーティワンアイスクリームでは2018年12月期の決算を発表、売上高は200億8600万円(前期比1.5%増)、営業利益は4億4600万円(同15.3%減)、経常利益は6億200万円(同2.4%増)、当期純利益は2億8200万円(同6.6%増)となった。2018年度の総小売売上高は454億9100万円(同2.4%増)、総来店客数 6865万9000 人(同2.3%増)平均客単価は660円(同0.2%増)。

フランス発祥のレモンの焼き菓子を表現した、クリスピーサンド「ウィークエンドシトロン ~焦がしバターのレモンケーキ~」新発売(ハーゲンダッツジャパン)

パイン果肉をより楽しめる仕様になって再登場!「ガツン、とパイン(マルチ)」新発売(赤城乳業)

 

手書きイラスト風の“ゆる~いくまさん”をデザインした「ピノ(春限定パッケージ)」新発売(森永乳業)