日本ジェラート協会「2021年度(第16回)通常総会」開催 消費者および会員店舗関係者の安全な運営を行えるよう「ジェラテリアの事業継続のためのガイドライン」徹底

日本ジェラート協会では、「2021年度(第16回)通常総会」を、豊島シビックセンター(東京都豊島区)で11月19日に開催。2022年度の主な事業計画として、①ジェラート衛生講習会や検体自主検査による衛生管理面全体のレベルアップ②アイスクリームHACCP管理マニュアルの普及徹底③「ジェラートの日」の普及・啓蒙④ジェラートマエストロ制度を推進、また新型コロナウイルスの感染拡大が終息に向かい、安全が担保できると判断した場合には「ジェラートマエストロコンテスト」「8月27日ジェラートの日」を中心とした消費拡大・販売促進キャンペーンの実施―等を決めた。

“日本ジェラート協会「2021年度(第16回)通常総会」開催 消費者および会員店舗関係者の安全な運営を行えるよう「ジェラテリアの事業継続のためのガイドライン」徹底” の続きを読む

「第47回アイスクリームセミナー」開催、①「食品衛生をめぐる最近の動向(改正食品衛生法の施行)」②「食品バリューチェーンにおけるWxTechの活用」講演(日本アイスクリーム協会)

日本アイスクリーム協会では、「第47回アイスクリームセミナー」を、東京・千代田区の内幸町ホールで、10月8日に会員および賛助会員約70名を集め開催①「食品衛生をめぐる最近の動向(改正食品衛生法の施行)」厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課課長・三木朗氏、②「食品バリューチェーンにおけるWxTechの活用」ウェザーニューズ環境気象事業部グループリーダー・武田恭明氏が講演を行った。今回はコロナ禍での開催となったため、参加者は例年の約半数とし、会場は密を避ける形で行われた。

“「第47回アイスクリームセミナー」開催、①「食品衛生をめぐる最近の動向(改正食品衛生法の施行)」②「食品バリューチェーンにおけるWxTechの活用」講演(日本アイスクリーム協会)” の続きを読む

日本アイスクリーム協会発表 2020年市場規模 5197億円(前年比100.9%)で2018年を抜き過去最高値更新

日本アイスクリーム協会が発表した20120年度の市場規模は、メーカー出荷ベースで5197億円(前年比100.9%)となった。前年実績(5151億円)からは46億円のプラスとなり、またこれまで最も高かった2018年の5186億円を上回り過去最高値となる。コロナ禍での販売を強いられた1年であったことを思えば、充分に健闘かつアイスクリームの持つ情緒的な価値観が最も活かされた1年であったといえる。

“日本アイスクリーム協会発表 2020年市場規模 5197億円(前年比100.9%)で2018年を抜き過去最高値更新” の続きを読む

2020年度種類別販売実績・販売物量(日本アイスクリーム協会) アイスクリーム・氷菓が前年を下回るも、アイスミルク・ラクトアイスが順調に拡大

2020年度の種類別販売実績・販売物量は、販売実績が①アイスクリーム:1457億円(前年比96.4%)・構成比28.0%②アイスミルク:1102億円(同104.5%)・同21.2%③ラクトアイス:1768億円(同105.6%)・同34.1%④氷菓:870億円(同95.7%)・同16.7%で、アイスクリーム・氷菓が前年実績を下回り、アイスミルク・ラクトアイスが前年を上回った。

“2020年度種類別販売実績・販売物量(日本アイスクリーム協会) アイスクリーム・氷菓が前年を下回るも、アイスミルク・ラクトアイスが順調に拡大” の続きを読む

日本アイスクリーム協会「第10回定時総会」開催 衛生品質の向上主題に、会員情報とアイスクリームのおいしさ・楽しさを広くPR

一般社団法人日本アイスクリーム協会では、「第10回定時総会」を6月16日、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモンドで開催、新年度の事業方針として、アイスクリームの衛生・品質の向上を最重要課題に、公正取引協議会と協働して表示の適正化を推進するほか、消費拡大面ではアイスクリームのおいしさ・楽しさを広く一般にPR、需要の拡大を図ることを使命として事業を推進することを決議した。

“日本アイスクリーム協会「第10回定時総会」開催 衛生品質の向上主題に、会員情報とアイスクリームのおいしさ・楽しさを広くPR” の続きを読む