「フロン排出抑制法」改正  フロン類の漏えい量が一定量を超えると国への年次報告義務化

「フロン排出抑制法」が2016年4月1日より改正された。2015年の改正では業務用の冷凍冷蔵機器・エアコンの管理者には機器およびフロン類の適切な管理が義務付けられた他、一定の量フロンが漏えいした場合には国への報告が必要になった。2016年4月からフロン類を使用する機器を所有する企業の一部は、新法に基づいてフロンの漏えい量の報告を行う必要がある。

このコンテンツはアクセス制限されています。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザーの方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する