イオン第3四半期連結決算 営業収益6兆 3870 億500万円(対前年同期比 0.8%増)、実質営業収益・営業利益は過去最高

イオンの2020年2月期第3四半期連結決算は、営業収益が6兆 3870 億500万円(対前年同期比 0.8%増)、営業利益は 1030 億 8100万円(同 5.4%減)、経常利益は 933 億 7300万円(同 15.3%減)となり、親会社株主に帰属する四半期純損失は、63 億 4300万円(前年同期より 69 億 7300万円の減益)となった。これは連結子会社のイオンディライトの子会社であるカジタクで判明した過年度の不正会計処理及び誤謬の修正額を、第1四半期連結会計期間に一括計上したことが主たる要因で、その影響を除いた場合の当 期間の営業利益並びに親会社株主に帰属する四半期純利益は増益となり、営業収益、 営業利益は過去最高となる。

このコンテンツはアクセス制限されています。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザーの方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する