ハーゲンダッツジャパン・平井弓子社長 2020年の販売目標は483億円(前年101%)、原点に立ち戻りハーゲンダッツブランドの価値を訴求

ハーゲンダッツジャパンでは専門誌に向けた2019年度の事業実績と、新年度の事業計画を発表、席上・平井弓子社長は2019年度の販売実績を前年比96%、売上高479億円と発表し、「新製品がこれまでのものと較べ、消費者支持を得られなかったこと」をマイナス要因とした。2020年の販売目標は483億円(前年101%)で、原点に立ち戻りハーゲンダッツブランドの価値を徹底して消費者に伝えることを推進、中核となる施策として「定番ラインナップに“リッチミルク”を加えるとともに、発売当初から人気の高い“ストロベリー”を徹底して注力する」とした。

このコンテンツはアクセス制限されています。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザーの方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する