日本アクセス 2020年3月期決算 連結売上高は2兆1543億9200万円(前年1.1%増)で増収増益、経常利益率1%を確保

決算発表を行う佐々木淳一社長

日本アクセスでは2020年3月期(第68期)の決算を発表、連結売上高は2兆1543億9200万円(前年1.1%増)、営業利益は207億9400万円(同8.5%増)、経常利益は213億5500万円(同8.9%増)、親会社に帰属する当期純利益は140億9900万円(同14.7%増)となり、経常利益率が0.1%上昇し全体の1%を確保した。

このコンテンツはアクセス制限されています。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザーの方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン