2020年スーパーマーケット販売額 新型コロナウイルスによる内食化需要増加で5年振りにプラス(日本チェーンストア協会)

日本チェーンストア協会が発表した2020年スーパーマーケットの販売動向は、総販売額12兆7597億円余、対前年比は店舗調整前102.6% 店舗調整後100.9%と、5年ぶりのプラスとなった。

このコンテンツはアクセス制限されています。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザーの方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン