Category Archives: 未分類

2018年アイスクリーム業界重大ニュース①

2018年度も残すところあと少しとなった。本年度は最盛期の猛暑で上半期は前年103%弱の拡大、下期もここまでは順調に推移している一方で、人手不足からくる物流費・人件費の高騰や、一部原料の高騰により、来年3月からの価格改定を多くのメーカーが打ち出すなど、波乱の多い一年となった。また、売り場の再編や生活環境の変化からくる購買スタイルの変化など、様々な問題が新年度に先送りとなる。今回、2018年度の「アイスクリーム業界重大ニュース」をまとめた。

2018年アイスクリーム業界重大ニュース②

2018年「トレンドメニューランキング」発表、札幌“〆パフェ”や多彩な品揃え「ジェラート」ランクイン(SARAH・サラ)

ブリオッシュ・コン・ジェラート専門店「Brigela(ブリジェラ)」鎌倉市・小町通りに新店舗オープン

3種のチョコレートフレーバーをホットドリンクにした「ホットジェラート」新発売(フロア)

京都発のロールアイス専門店「ROLLY’S ROLL ICE CREAM KYOTO(ローリーズ ロール アイスクリーム 京都)」東京・渋谷にオープン

人気チョコレートケーキをアイスで再現した「トップス チョコレートケーキアイスバー」新発売(セブンイレブン)

11月15日”冬アイスの日”に銀座三越でメーカーイチオシの冬アイス約8,000個を無料配布(日本アイスマニア協会)

フタバ食品2018年秋冬新製品 ワンランク上の「サクレスイーツ+(プラス)」で“冬サクレ”市場拡大



フタバ食品の2018年秋冬アイスクリームの新製品は、①「サクレ」シリーズに高品質商品投入によるブランド価値向上②「ダンディ」リニューアルでスイーツ系男子・大人層へのアピール強化③少量で上質な商品を求める層に向けて、70円シリーズで、価格以上のクオリティ提案④栃木県の特産を活かした地産アイス展開―を機軸とした商品提案を推進。特に主軸商品の「サクレ」シリーズには、160円「サクレスイーツ+(プラス)」を新発売し大人層に強く訴求、消費者キャンペーンやSNSによる情報発信を交えながら市場拡大を推進する。

8 月18日~9 月17日の天候予報 全国的に暖かい空気に覆われ気温が高い(気象庁)

初夏にぴったり!旬のメロンの味わいを楽しめる「ミルクレア マスクメロン」新発売(赤城乳業)

「5月9日アイスクリームの日」

おいしいアイスの絵本『ぼくはアイスクリーム博士(はかせ)』アイスクリームの日に刊行(西村書店)

明治2017年販売状況 取引制度改正で前年90%も「エッセル」シリーズ拡大

「エッセル」シリーズは前年107%で製造ライン増強

ご当地の果汁を使用した、初の地域限定ガリガリ君4品「北海道メロンソーダ味」「東北ふじりんご味」「瀬戸内レモンスカッシュ味」「あまおういちごサワー味」新発売(赤城乳業)

協同乳業2018年春夏アイスクリームの新製品 「上質化」や「ヘルシー」による大人市場の開拓推進

「ホームランバー」マルチ、「子供の乳酸菌アイスバー」で子ども市場再活性



協同乳業の2018年春夏アイスクリームの新製品は、「上質化」や「ヘルシー」による大人市場の開拓に加えて「子供市場の再活性」をキーワードに、①2020年に発売60周年を迎える「ホームランバー」のリニューアル②高級本格志向のデザートアイスへのチャレンジ③独自技術を使ったフローズンヨーグルトによる新市場開拓―を推進。「ホームランバーマルチ」、「子供の乳酸菌アイスバー」による子供市場の再活性を、本格志向の「チョコレートアイスクリームバー」、「ホームランバーバニラ」で大人市場開拓を狙い、それぞれのブランドで独自性のある販売に取り組む。

日本アクセス 人事異動・組織変更(4月1日付)

クリスマスシーズン限定「ハーゲンダッツ ジュエル アイスクリームケーキ」新発売~スイーツ王子Ruiによる先行試食コメント紹介~(ハーゲンダッツジャパン)

「平成29年度(第12回)通常総会」開催(日本ジェラート協会)

ジェラートHACCP」管理マニュアル完成、さらなる衛生管理の徹底を推進

日本ジェラート協会は、「平成29年度(第12回)通常総会」を11月27日に乳業会館(東京都千代田区)で開催した(総会員数:107社、出席:33社、委任状:41社)。総会は、まず同協会の酒井隆会長が挨拶を行い(別掲)、規約に基づき酒井会長を議長に選出した後、議事の審議に移り、第1号議案「平成29年度事業報告並びに収支決算報告」、第2号議案「平成30年度事業計画並びに収支予算案」、第3号議案「その他の件」の3議案を審議、いずれも原案通り承認・可決した。

11月15日「冬アイスの日」に”今年イチ押しの冬アイス” 約6,000個を無料配布(日本アイスマニア協会)

関東フローズン・11月決算で前年107~108%の増収見込む ハード面の整備・設備投資は中期計画で対応

第26回KF会ゴルフコンペは木村利人氏(キムラヤ乳業)が優勝



ショートケーキをイメージした「いちごのショートケーキ」新発売(フォーモスト・ブルーシール)

8月~10月の3か月予報 8月は酷暑、9月は厳しい残暑も(日本気象協会)

“ハロハロ”と“ドデカミン”のコラボ企画「Twitter・Instagramキャンペーン」実施中(ミニストップ)

明治 4月1日付け組織改定と人事

丸永製菓2017年春夏新製品一覧 テレビCMの投入、SNSを利用した情報発信でブランド力強化

あいすまんじゅうマルチ白くまマルチしろくま大容量

クラシエフーズ2017年春夏アイスクリーム新製品 新ステージの「ヨーロピアンシュガーコーン」中心にエッジの効いた新製品投入

ヨーロピアンシュガーコーン〈ストロベリー〉ねるねるねるねアイス〈オレンジ味〉甘熟果実の白桃

クラシエフーズの2017年春夏アイスクリームの新製品は、昨年過去最高値を大きく上回る拡販を果たし、新ステージに突入した基軸商品の「ヨーロピアンシュガーコーン」を中心に、子供市場を新たな角度から開拓する知育アイス「ねるねるねるね」、大人が満足できる本格志向の商品設計を目指した「甘熟果実の白桃」など、“大人と子供”に焦点を当て、柱商品にピンポイントで商品提案を実施する、同社ならではのエッジの効いた新製品を用意した。

明治12月の販売状況 「エッセルスーパーカップSweet‘sストロベリー」大ヒットで2桁増

人気のスイーツ・アイス全品が年末年始お得なセールを実施(ミニストップ)

年始お得なセール

本誌が選んだ「アイスクリーム業界2016年重大ニュース」

2016年度も残すところあと少しとなった。本年度は前年の大幅な拡大を受け、厳しい商戦も予想されたが、西日本の猛暑や商品の安定的な動きにより、アイスクリーム業界は順調な推移となった。しかしその一方で、ギリギリの生産状況や売り場の再編、生活環境の変化からくる購買スタイルの変化など、様々な事象が現れた1年でもあった。今回、2016年度の「アイスクリーム業界重大ニュース」をまとめた。